ホーム>ソリューション

ソリューション

メンテナンス業務

空調機の定期保守、修理、新設更新工事を承っております。保守点検を行う事で、エアコンを使用する期間の最中に、不具合の軽減をする目的で行います。 また修理については、メーカー問わず不具合に対処致します。空冷式・水冷式・マルチエアコン・業務用・工場用等の空調機の不具合等、幅広く対応が可能です。 空調機新設、更新について重要なのが、「現在御使用になられている空調機の能力が部屋にあっているか?」という点です。 部屋にある窓の数でも能力が変わってきます。当社は「その部屋に合った空調機」をご提案します。

浴場設備メンテナンス事業

近年レジオネラ属菌による健康障害の発生等公衆浴場の衛生管理に注目が当たり公衆浴場法の一部改正があり、衛生管理に対する管理者の負担が増大することになりました。 日常業務の負担や、定期的な配管洗浄及びろ過装置、薬液注入機等の機器の整備管理も行わなければなりません。 弊社では、消毒洗浄、機器の管理を行う手助けをすることのみならず、レジオネラ属菌等、菌の発生を極力抑える装置(ピュアキレイザー)の設置、管理も行っています。

店舗設備監理事業

商業施設での店舗出店、移転に伴う設備工事を監理しております。チェックからお見積り、施工までを円滑に行なう事により、スムーズな出店を心がけております。また、店舗が退店する場合の原状回復工事(解体工事)も行なっております。事故が起りやすい解体工事ですが、ご迷惑をおかけすることなく、安心して工事をお任せいただける企業を目指しております。

洗浄業務

水冷系熱交換器において配管系にスケール(発錆を含む)、スライム(パクテリヤ、微生物の繁殖によって生成する粘性のある水垢)、スラッジ等の付着蓄積が起こると、「熱効率の低下」「流量の低下」「機器の腐食損傷」等の障害が生じます。 その結果として、生産性低下に伴うコストの上昇、エネルギーコストの増大、メンテナンスコストの増加に波及することになります。 洗浄を行なうことにより、機器本来の性能を回復することにあります。 科学洗浄を行う場合は、材質、傷害の原因により洗浄剤を選定する必要があります。長い経験のある弊社での洗浄をお薦め致します。

貯水槽清掃業務

貯水槽は、受水槽・高架水槽があり有効容量10tを超える槽は「簡易専用水道」に分類され、水道法による衛生管理が義務付けられています。貯水槽においては「水質管理」と「貯水槽自体の管理」が重要となります。 これらを適正に管理しないと槽内部で水質悪化の恐れが考えられます。簡易専用水道の設置者は年1回、検査機関による検査が義務付けられています。 弊社では、貯水槽の内部滅菌清掃、給水設備のメンテナンス、水質検査実施等を一環して行う為、安心安全な水の供給をサポートできます。

臭化リチウム回収作業

吸収式冷凍機は冷媒フロンを使用しない、アルカリ性の臭化リチウム(LiBr)を使用しています。臭化リチウム溶液は腐食性が強く、皮膚に付着すると化学火傷を惹き起こす為、大変危険な溶液です。 安全な作業工程をもとに、臭化リチウムを安全に抜きとり適正に処理します。

ダイヤからのお知らせ

2016.07.20 BLOG

今、使っているエアコンは大丈夫ですか?

現在まだ多く使われているエアコンのガス(フロン)R-22が、2015年から段階的...

2016.01.08 INFO

新年明けましておめでとう御座います。

今年は丙申だそうです。 丙は火、申は伸びるを表しているそうです。 世界情勢では火...

コンタクト

お問い合わせご相談はこちらまで
お問い合わせ
DAIYA WATER TREATMENT
ページ上部へ